子供が自立したのを契機に、主人と相談し、所有

車の買取査定の話なのですが、昨夏に愛車の日産エクストレイル

子供が自立したのを契機に、主人と相談し、所有していた2台の自家用車のうち1台を、売却する事に決めました。


今まで売却の経験が無かったので、どの業者が良いのか分からなかったので、ネットで探し、結局、自宅に近い業者に買取をお願いしました。売却した車は、私の愛車だったネイビーカラーの軽自動車で初年度登録から10年以上経過したものでした。なので値段がつくのかどうか心配だったのですが、ランチを家族で楽しむことが出来るくらいのお金で売れました。ちょっとでも安価に買い取り、ちょっとでも高価に売るのが中古車販売店勤務の営業マンの仕事でしょう。査定士や営業マンの話す内容を鼻から信じ込んでしまうと、人を見て相場よりもずっと低く買われてしまう時もあるでしょう。

現時点での査定相場が前もって幾らぐらいになるかを調査しておき、事前に知った相場金額よりも低く見積もられたら自分から交渉する心構えをしておくと営業マンのセールストークを鵜呑みにしなくても良くなります。先日、長年乗っていた愛車を売ってきました。売るのを決めた際に中古車を取り扱っている業者から、中古となった車をインターネットで販売する流れや必要な手続きに関する書類などの丁寧な説明を受けました。



長年乗ってきた車なので、丁寧に扱ってくれる人へ渡ればいいなと思い、真剣に説明を聞きました。
原則的に、車査定において査定者が所持すべき国家資格は特にありません。
でも、民間の資格として国が後援する中古自動車査定士という資格があります。この資格はJAAI(日本自動車査定協会)によって認定され、中古自動車査定士は大型車と小型車の2種類存在します。

実務経験が半年以上あって、学科と技能試験に受からないと授与されないので、この民間資格を所持しているならば、定められたレベル以上の査定が出来ることが分かってもらえるのではないでしょうか。
よく、ライフステージが変わる時が車の買い換え時期だということは言われますが、我が家でも家族が増えて、今持っている車を買い換えることにしました。
その際、一社単独の業者に最初から頼むことはせず、目星をつけたいくつか複数の業者に査定を依頼し、それらの中から、一番高く査定額を出してきた一社に車を売ることに決めました。

スタッドレスタイヤをつけていたのですが、元の値段を考えると、このタイヤのためにもしかしたらその分査定がよくなって金額が上がるかもしれないと期待もしましたが、意外にも、値段はあまり違ってきませんでした。
だいぶ走り込んでて、あまりいい状態ではなかったらしく、サービスで無料で引き取ってもらえて、ラッキーでした。
ともかく、もしスタッドレスタイヤの程度が良いものだった場合はタイヤだけで車とは別に売却する方が、値段はよくなるようです。



中古車の下取り価格は過去何キロ走ったかによりだいぶ異なります。
10万kmを超えた車だと買取下取り価格に期待は持てません。でも、3年で3万km以内だったり、5年で5万km以内だったり、年間で1万km以内の走行距離の車であるなら下取りの査定額があがりやすいです。

走行距離が短い方が車の状態も良いとの判断になるわけです。
中古車の査定額の基準はいろいろあります。その中でも、査定金額に大きく影響するのが走行距離です。ほとんどの場合、走行距離が長いほどその車の査定額というのは下がってしまうものです。


5万kmを越えて走行している車は一般的に多走行車と呼んでいて、マイナス査定の要因になり始める場合が大半です。10万キロメートル以上の車に関しては過走行車という名称で呼ばれ、ものによっては査定額が付かないことも出てきます。車を売る場合、少しでも高い値段で売りたいと考えるのが本当の気持ちだと思います。



なので、いくつかの会社に車査定を依頼し最も好条件なところに売るということも、方法の一つです。
それに、高い値段で売るためには査定を受ける前に少しでも綺麗に車を洗っておく方が大切だなと思いました。
車検が切れた車の査定については問題なく査定は受けられるのですが、車検切れの車の場合ご存知のように公道は走れませんので、出張査定を受けることになります。
では車検を通してから査定をと考えるかもしれませんが、そうするより、車検切れのまま売ってしまう方が車検に使うお金が無駄になりませんし、さっくりと出張査定を受けることに決めてしまいましょう。もちろんこういう出張査定も一社からではなく複数のところから受けておくと少し面倒に思うかもしれませんがメリットは大きいです。
車を手放す際、車を買取業者に持ち込んで査定を受け、売買契約書にサインをした後で減額請求がなされてしまうことも起こり得ます。そんなことが起こっても、精査すると欠陥があったので買取価格を減らすとなっても、首を縦に振らなくてもいいのです。
もしその欠陥を知っていて、契約前にあえて言わなかったのならだめですが、そうでないのならきっぱりと減額を断るか、契約をやめましょう。